思い切り没頭したあとは、モノの見方を変えてみよう。
 
<< 景気も利害も「国民」単位、「日本」単位では語れない | main | 人口減少社会突入と郵政民営化 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2006.02.24 Friday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
googleはmsを倒す気か、それとも…
googleは本気でmsを倒したいと思っているだろう、という記事がhatenaのブックマークにあり。書いた人はサイボウズの技術の小川さん。

http://blogs.itmedia.co.jp/speedfeed/2005/08/googlemicrosoft_bac7.html
これは本当か、というと、自分も本当だろうと思う。

いままでは、デスクトップ占有競争の視点など、主として技術系の話からgoogle vs msの話が多かったし、いまもそれがメインだ。しかし、技術以外の分野で、もっといろいろなことが派手に起こっている。

たとえば人材の問題。

優秀な人材が、msをやめてgoogleに入る、という、あんまり聞いたことのない現象が起こっているのは前々から知っていたが。

下の記事では、googleは、msにつとめていた中国系の人を、msとの契約をやぶってもいいから自分の会社にこいとさそっていた、という話が表面化している。この中国系の人は、中国にmsの拠点を作った技術系の非常に重要な人物。その人がやめたあと、windowsのごみ箱に、その証拠があった、という話をms自身がリークしているようだ。

これは一種の、社員に対する警告でもあって、msからgoogleに移ると、訴えるよ、という脅しなんだろうと思う。

http://news.zdnet.com/2100-3513_22-5827880.html

問題は、こういうことをメディアにリークする、ということ。つまり…。
本格的に始まりそうだな、戦争が。






【2005.08.23 Tuesday 20:30】 author : katz
| ニュース・時事 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2006.02.24 Friday 20:30】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://miyakoda.jugem.cc/trackback/115
トラックバック