思い切り没頭したあとは、モノの見方を変えてみよう。
 
<< そういえば私の仕事はネットワーク関係 | main | SNSとページランク---リンクバリュー表示機能 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2006.02.24 Friday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
SNSを科学する試み その1
ひできさん/山口さんがすすめておられるネットワークの中での「通貨」というイメージを、SNSのリンクという風に読み替えてみたとき、果たして意味があることなのだろうかという気もしますが、いけるところまで、もう少しこの話を展開していきたいと思います。

SNSの中のリンクに関しては、わざわざ通貨、というたとえをするまでもないだろう、という議論もあるかと思いますが、それはまたあとにお話をするとします。



モデルの構造をさらに現実に近づけていくために、もう少し過去の知見を集めてみます。

現在のモデルに追加してみたい次のコンセプトは、ダンバーナンバー(Dunbar Number、以下DN)です。このコンセプトはいままでもあちこちで紹介されています。私も、過去に、非常に中途半端な形ではありますが、このことをblogで書いたことがあります。

元々の研究はおおよそ以下のようなものです。


■ダンバーナンバーとは

R.I.M. Dunbarという人類学の先生の書いた論文が発端です。
http://www.arts.uwaterloo.ca/~acheyne/dunbar.html
CO-EVOLUTION OF NEOCORTEX SIZE, GROUP SIZE AND LANGUAGE IN HUMANS
「人類における、大脳新皮質サイズ、群のサイズ、および言語の共進化について」

人間以外の36種類の霊長類の大脳新皮質の容積率と、これらの霊長類の群の個体数をプロットしたところ、強い相関が見いだされ、大脳新皮質の容積率から群の個体数を割り出す式もできたそうです。

http://www.bcg.com/images/this_is_bcg/strategy_institute/brain_size_02.gif


Source: Boston Consulting Group


Log10(N) = 0.093 + 3.389Log10(CR)

N 群の平均個体数
CR 新皮質の容積比


この式に人間のデータを入れてみると、約150という理論的な個体数が出てきた、という話です。これがダンバー数(Dunbar Number)と呼ばれている値です。人間の群は、理論的には(最大で?)150ほどの個体数になる、ということになります。

この150という個体数がどの程度人類の実際と合致しているかについて、この論文ではいろいろな事例をあげています。

人間の場合、生死のかかったプロフェッショナルな軍隊組織などでは、たしかにこの150程度の人数はよく出てくるそうです。また、生存ということで、より厳しい生活環境の中にある部族の場合も、150に近い数字がみられているとのことです。

もう一度、サルの世界をみていきましょう。これらの霊長類の生態を観察していくと、群を維持するための具体的な行動として、グルーミングが重要な役割を果たしていることがわかっています。「けづくろい」というやつです。

サルの場合だと、グルーミングに費やす時間が猛烈に長い。一日のおよそ40%もの時間を使ってグルーミングをしています。人間の場合は、グルーミングという習慣はないですね(いや、恋人同士だとある、って? その話はまたの機会に)。

サルの場合だと、グルーミングによって群を維持すること、群の中の成員としてとどまることによって、外敵から自分を守ることができるわけです。テレビの自然ものの、サル山などの映像をみていると、たしかにいつもグルーミングをしています。

ところが、現代の人間の場合、グルーミングという習慣はない。しかも、会社やクラブ活動などの集団を思い起こしたとき、150どころか、もっと少ない例のほうが多々あり、150よりもずっと小さな個体数で集団が動いています。サルの場合だと、一日の40%もの時間をグルーミングにかけていますが、人間はこんなに時間をかけることはありません。

Dunbarの論文では、グルーミングの代わりに言語がこの役割を担っているのではないかという仮説を述べています。つまり、おしゃべりによるグルーミング効果によって、群としての人間(人間集団)の組織維持がなされているのではないか、という仮説です。

以上が、Dunbar氏の論文の概要になるかと思います。
【2004.05.16 Sunday 23:46】 author : katz
| 人とblogとソーシャルネットワーキング | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
【2006.02.24 Friday 23:46】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://miyakoda.jugem.cc/trackback/33
トラックバック
言葉の神、ウェブの神、ネットの神、そして、約束の知
■私が経験した協力関係 ここのところ、ウェブ(*1)における人の関係の大事さを感
| HPO:個人的な意見 ココログ版 | 2004/05/19 4:03 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/12/11 1:56 PM |