思い切り没頭したあとは、モノの見方を変えてみよう。
 
<< アヌシュ失格、室伏選手金メダル記事で新聞のベンチマーク | main | 「読売のlivedoorはずし」と「読売のGoogleNewsはずし」に関する無責任な憶測 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2006.02.24 Friday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
livedoorのニュースメディア事業の野望を分析する
ニュースとは、読む側の価値体系に従って、意味のあるものになったり、意味のないものになったりする。瞬間的にものごとを判断しているビジネスマンならだれしも、自分に関係のあるニュースかそうでないかを瞬時に判断する能力を持っている。専門性の高い仕事をしている人ほど、新聞が見出しの大きさや紙面での面積で意図的に行っているニュースバリュー評価/構成が、陳腐なものに見えてくる。

「こんなの、いらない。通信社が流しているベタ記事だけでいいんだ」、という気分。たぶん、livedoorが報道を始めるってことは、こんな認識が根底にあるんだろうと想像している。通信社からニュースを買い、それを流し続けることで基本的なニュース機能は備わる、という直感。

個人的な意見だが、livedoorと通信社は、お互いのビジネスの領域を拡げあうことができる共同パートナーになる宿命の間柄であるはずだ。通信社側にとっては、消費者とダイレクトにつながる道をlivedoorが提供してくれることになる。

そのあと、livedoorの課題は二つに絞り込まれるのではないだろうか。

第一に問題になってくるのは、通信社配信では行われない(?)ニューストピック別の価値評価。

第二が分析や感想など。

結果的にいうと、この二つを読者(消費者)が行う、というモデルがインターネット的な解決の方法だ。

事業戦略として見た場合でも、新聞の持つすべての機能を全面的にニュースメディアとして抜きさっていこうと考えるのではなく、日々のニュースのおいしいところだけを取り揃えて、既存マスメディアが享受している広告収入のある部分をぬいていく業態を考えた場合、ニュース評価とニュース分析の二つで圧倒的な差をあけることができれば、野望は達成してしまうのではなかろうか。

まず第一の、ニューストピックの評価。
新聞であれば、このニュースの評価は、見出しの大きさや解説の有無などで行っていると言える。限られた紙面のどの位置に、どれだけの見出しや面積をとって配置するか。
テレビであれば、トップからはじまり、最後のスポーツ関係まで、放映の順番などでの評価をすることになるだろう。
携帯も含めて、ニューストピックをきっちり分類して流すことができれば、別に難なく提供が可能だ。細かな専門分野になったら、ヒットカウントをベースにしてトップに表示する項目を自動的に決めていく、という方法もとれそうだ。

第二のニュース分析。必ずしも分析そのものではないが、キャスターやゲストが、エモーショナルな表現で語る内容も、大きな枠組みではこの領域にはいるかもしれない。新聞だと解説記事や社説。ここは当然、blogの登場となる。通信社ニュースを基本として、人々はblogやコメントやトラックバックでニュースに反応する、ということになる。

こうした仕組みを作ると、通信社はニュース記事に対するかなりこなれた評価を即入手することができる。場合によっては、ニュースに関連した情報に詳しい専門家と、ダイレクトに連絡がつく場合さえあるはずだ。通信社から契約配信される情報と、場合によっては特殊な分野の専門家さえ書いているblogが、ほどよくミックスされていく画面を想定すると、既存メディアよりもずっと効率よく、ニュースに対するニーズを把握することが可能だ。
しかも、それは相当程度低コストで可能になるはずだ。

フォトショップかなにかで見本を作る気まではないが、通信社ニュースの下に、そのニューストピックに関して書かれているblogへのリンクを追加するというレイアウトを考えてみよう。ひょっとすると、新聞の解説記事を一気に超えてしまう内容のものが揃う可能性さえある。しかも、そのblog記事内からも、各既存マスメディアサイトにもリンクがはられていたりすると、すべてが包含されて見えてくる。

RSSがこうした仕掛けのバックグラウンドをなす。しかも、「今日の読売ときたら、こんなことを書いているが、実は、この件では産経と朝日の記事が〜〜なのである」という「ニュース評価」、「ニュースのソムリエ」さえできてしまう。

速報性についても、インターネットは印刷メディアよりかなり早い。

残った問題は、最初のスタート地点。ベタ記事を契約配信し続けてくれる通信社、という基本部分は欠かすことができない。

ほかにも、既存マスメディアは、日常的なニュースとは別に、各種の調査報道をいろいろ行っている。裁判員制度といった新しい制度はどんなもので、それがこれからの裁判にどんな影響を与えるのか、といった話。これは、かなり長期にわたってあちこち聞き回り、その結果をまとめて報道することになる。

このあたりはlivedoor報道部(?)が一番やりそうにないことで、なおかつ、我々にとってはかなり重要なことだったりもする領域。

各層のbloggerがlivedoorについていくかどうか、という問題もあるにはあるが、あまり大きな問題でもなさそうな気がする。そういう障害は、別の方法論で超えることができるだろう。

そして、こういった仕掛けで動き始めて新しいタイプのニュースメディア事業を開始していき、これが一定の成功を納めはじめたときが試練のときと思われる。既存マスメディアがlivedoorを意識しはじめたとき、なにが起こりそうか。たとえば、通信社に圧力をかけてニュース配信契約を打ち切る、ということ。これを、大手新聞が足並みを揃えて行う、といった構図。

他のところにも書いたのだが、既存マスメディアは、お互いの弱点をつつくということは滅多にしたことがない。一応、自社の主義主張、らしきものを守って、仕事をしている(ように見える)。ただ、中を構成している人たちは、たまたま何社か受けて、受かったマスメディアで仕事をしているだけ、というのも真実なわけで。ほんとうに死んでも守る主義主張があるかというと、あやしさは否めない。プロレスの、赤コーナーなのか、青コーナーなのか、という程度。他の国での興行にいくと、しっかり味方同士で助け合っている、という感じ。

ところが、livedoorが自分たちの作った仕事の結果の「おいしいとこ取り」をして、広告収入を稼ぎまくっている、ということになると、そういう主義主張はぶっとぶ。一気に場外乱闘。自社の存立をかけた戦いが始まり、手段を選ばない「つぶし」が入るかな、と思うのです。

もう一つのシナリオは、livedoorが一定の成功を納める中で、経営不調の地方紙を丸ごと買ってしまうこと。記者クラブに入れる/入れないが、もし、新聞協会会員だとかの条件になっていたりすると、これも速攻、実現可能。記者クラブ出入りがどうしても必要な場合は、出入りをしている業界紙を買ってもいいような気がする。

新聞やその他のマスメディアが提供しているサービスのうち、コストをかけないでニュースの「おいしいとこ取り」をして広告収入を上げていくというモデルは、非常に面白くもあり、時間とお金があれば自分でもやってみたいぐらい。

既存マスメディアの評価者になりきって、各分野のニュースのソムリエ集団を作り、プロとして参戦するというのも、すごく面白いことになる。見る方(消費者)はそれなりに目がこえていますからね。 インターネット/英語力/専門知識がカギだよね。でも、新卒のマスコミ志望学生が、livedoor報道部を目指す、なんてことは、いますぐは、ないのかもしれないけど。

◆ライブドアへの有償配信をキャンセルした読売(一方の当事者、堀江さんの弁)
◆とんでもない事件簿さんの「ライブドア、読売新聞に村八分される」
◆Fireside Chatsさんの「ライブドア 報道部門を設置」
◆blog::TIAOさんの「ライブドア、ジャーナリズムに新規参入」
◆ライブドアによる、報道部門新設に関する広報資料
【2004.08.31 Tuesday 17:05】 author : katz
| ニュース・時事 | comments(1) | trackbacks(22) |
スポンサーサイト
【2006.02.24 Friday 17:05】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
このライブドアのニュースサイトへの挑戦は興味津々。昨夜も友人とこのテーマで話したのですが、当面マスメディア側は静観するだろう。ま、お手並み拝見という態度になるはず。それは相手を見縊って、そんなに上手くいくものか、という気持ちから出ているだろう。たぶん失敗、もしくは当初の狙いどうりには運ばないことを期待しているわけ。

しかし、そうやって手をこまねいているうちに万が一、成功したらどうなるか。これは面白い。このIT分野で一旦後手に回ったら挽回はかなり難しいから、露骨な妨害に出るだろう。そうするとユーザの反発を買うことは必至。

ぼくはライブドアが成功するかどうかよりも、これまで業界外からの新規参入をブロックしてきた壁に穴があくことのほうが大きな意味を持つと思う。

ライブドア社がかりに上手くいかなくても、それをケーススタディした二番手、三番手はすぐに現れるだろう。まんといってもメディアを手にすることの価値はこの情報社会でとても大きいから。

意外なところに火がついて、これからネットが面白くなるのかもしれないと期待している。
| MAO | 2004/08/31 7:51 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://miyakoda.jugem.cc/trackback/73
トラックバック
ライブドアがジャーナリズムへ新規参入!
「ネットは新聞を殺すのかblog」で、ライブドアが「報道部門を設置し独自のニュースコンテンツを提供」するという記事を紹介している。「ネットは新聞を殺すのかblog」を主催する湯川鶴章さんは「参加型ジャーナリズム」というマスコミジャーナリズムと市民ジャーナリズ
| blog::TIAO | 2004/08/31 7:18 PM |
ライブドア、読売新聞に村八分される
7/29の社長日記によると 7月末〜8月頭にライブドアニュースの大幅配信記事増強を考えていたんだけど、 順調に進んでいた読売新聞の記事配信がなぜかキャンセルされる。 なぜだろう・・・。読売なくてもニュースサイト的には平気な気もするけど、どうだろう? どう
| とんでもない事件簿 | 2004/09/01 2:00 AM |
【ライブドアの「参加型ジャーナリズム」は成功するか(1)】
はじめまして、ほとんど同意見です。 いやあ、(2)で書くことが無くなりました。(笑)
| あざらしサラダ | 2004/09/01 8:35 AM |
【ライブドアの「参加型ジャーナリズム」は成功するか(2)】
●前回の記事【ライブドアの「参加型ジャーナリズム」は成功するか(1)】(あざらしサラダ:8月31日)で書いたとおり、今回の記事では、どうすれば「livedoorニュース」が「参加型ジャーナリズム」として多くの市民(読者)の支持を得ることが出来るか、について
| あざらしサラダ | 2004/09/01 12:18 PM |
?é?¤?Ö?É?¢¡¡ÊóÆ?ÉôÌç¤òÀßÃÖ
?é?¤?Ö?É?¢¤¬È¯É?¤?¤¿?×?ì???ê?ê¡???¤ò¸?¤Æ¤ß¤è¤¦¡£ 2004.08.26 ?é?¤?Ö?É?¢¡¢ÊóÆ?ÉôÌç¤òÀßÃÖ¤?ÆÈ??¤Î?Ë?å¡??????ó?Æ?ó?ĤòÄó¶¡
| Fireside Chats | 2004/09/01 12:23 PM |
ライブドア│共同通信社、赤旗はライブドアニュースへのニュース配信契約を打切った。
ライブドア離れが、じわじわと広がっている模様。投資をやめてしまったライブドアは、これから何はやるの?(01/27)
| はじめよう!快適ネット生活 | 2006/01/29 2:54 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/08 7:38 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/08 8:37 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/09 3:11 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/09 3:33 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/09 3:50 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/09 4:15 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/15 4:09 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/15 7:09 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/21 4:12 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/21 4:29 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/21 8:16 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/22 7:02 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/12/05 8:52 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/06/06 1:01 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/12/24 4:55 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2010/05/24 2:15 AM |