思い切り没頭したあとは、モノの見方を変えてみよう。
 
<< 「抽送」に関する考察 | main | 受託事業のトラブルはなぜおきるか >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2006.02.24 Friday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
人口減少社会で守るべきもの、とは
昨夜、数カ月ぶりにあるワインバーに寄りました。
そこで会った知人のお話。

川崎市、栗平にある「風の谷幼稚園」に行った知人がいうには、この幼稚園の園長をしている天野優子(あまのゆうこ)さんが教育にすごい情熱を持っている人らしい、ということ。


交遊範囲も非常に広く、知人がこの幼稚園の餅つき大会?にいったときには、ライブドアのホリエモン氏もなぜか来ていて、「あなた、銀行作りなんかにお金出すんだったら、日本の将来のため、学校作りにお金をだしたほうがいい。私、小学校作りたい」と熱く語っていた、とか。

少子化の中で学校(?)という声も聞こえてきそうだが、世の中を見ていると、まったく別なことが起こっていることに気づく。特定の学校には入学希望者がますます殺到する傾向さえあるみたいなのだ。最近、あちこちで見るけど、意欲的なコンセプトの学校が、私立/公立を問わず、あちこちにできています。


昨日の日経新聞あたりには、「労働人口がまた減少」とか。いろいろな指標から日本の人口縮退や経済縮退がじょじょに明らかになってくる中で、企業も組織も、その変化を先取りして、限られた資源を投入してでも守らなければならない要素を見極めていく必要がある。それは何なのか。

「人」という声が、どこからか聞こえてくるのだ。
【2005.01.30 Sunday 18:49】 author : katz
| ニュース・時事 | comments(0) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
【2006.02.24 Friday 18:49】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://miyakoda.jugem.cc/trackback/90
トラックバック
少子化の未来、日本が守るべきもの
Think negative, act positive | 人口減少社会で守るべきもの、とは >> 昨日の日経新聞あたりには、「労働人口がまた減少」とか。いろいろな指標から日本の人口縮退や経済縮退がじょじょに明らかになってくる中で、企業も組織も、その変化を先取りして、限られた
| medicoの日記 | 2005/01/31 10:44 PM |
少子化の未来、日本が守るべきもの
Think negative, act positive | 人口減少社会で守るべきもの、とは >> 昨日の日経新聞あたりには、「労働人口がまた減少」とか。いろいろな指標から日本の人口縮退や経済縮退がじょじょに明らかになってくる中で、企業も組織も、その変化を先取りして、限られた
| medicoの日記 | 2005/01/31 10:44 PM |
少子化の裏側にあるもの where we are going?
米国の子どもに対する考え方に触れたEconBlogに関する記事に対するkohさん
| HPO:個人的な意見 ココログ版 | 2005/02/01 11:58 AM |